握手をする二人の男性

意外と知らないとされている公認会計士と税理士はどう違うのかを考えてみた

公認会計士と税理士が具体的にどう違うのかわからない人もおおいでしょう。主にことなるポイントは試験合格までに必要な勉強期間と、業務の内容です。

試験合格までの期間が違う

公認会計士は早い人でも1~2年、税理士は3~5年ほど合格まで時間がかかります。この差は試験制度の違いからきています。会計士試験はマークシート方式の短答式試験と記述式の論文式試験の二段構成になっています。

合格のためには合計5科目を同時に勉強しなければならないので、範囲が広く量が膨大になります。以上の理由で税理士試験よりも短期戦になります。

一方税理士試験は科目合格制ですので、合計5科目を毎年1科目ずつ合格していくようにスケジュールを組み立てることもできます。

科目1つあたりの受験生のレベルが高いことも長期化しやすい理由です。会計士試験は1年から2年のまとまった勉強期間の確保がのぞましく、税理士試験は長期化しやすいですが、働きながらでも受験しやすくなっています。

業務内容が違う

公認会計士は監査業務をおこない、税理士は税務をおこないます。監査とは上場企業が作った財務諸表に間違いがないか確認する仕事ですので、主なクライアントは大企業になります。

税理士の仕事である税務はどの企業でも必要ですので、中小企業がクライアントになります。また法人だけでなく個人を相手に仕事をすることもあります。

試験合格までの期間と求められる役割が違う

公認会計士試験は短期戦で、税理士試験は長期戦になりやすいようです。業務内容もそれぞれ異なり、公認会計士は株主が安心して投資活動をおこなえるようにするため財務諸表を監査するのが主な仕事で、税理士は法人や個人の納税を手助けすることが仕事です。