情報一覧

握手をする二人の男性

意外と知らないとされている公認会計士と税理士はどう違うのかを考えてみた

公認会計士と税理士が具体的にどう違うのかわからない人もおおいでしょう。主にことなるポイントは試験合格までに必要な勉強期間と、業務の内容です。試験合格までの期間が違う公認会計士は早い人でも1~2年、税理士は3~5年ほど合格まで時間がかかります。この差は試験制度の違いからきています。会計士試験はマークシート方式の短答式試験と記述式の論文式試験の二段構成になっています。

メリット・デメリット

公認会計士のメリットとデメリットについて知っておくということはやっぱり必要なこと

ブラック企業という言葉を目にする機会が増えましたよね。言い換えれば、日本社会は景気がなかなか回復せずに、経営者が人件費をカットして経常利益を上げたいと考えているのです。そして仕事量は減らさずに人件費をカットする方法は大きく分類すると2つあります。派遣、契約社員などの非正規社員として雇うか、もしくは正社員として雇いサービス残業を過剰にさせるかです。後者は低賃金、重労働のブラック企業と

珈琲を飲みながらノートパソコンを操作する男性

一次試験に合格後・公認会計士の修了考査についてきちんと対策をしておきましょう

公認会計士の試験に合格するためには、スムーズに一発合格した場合でも、5年の期間がかかると言われています。なぜそんなに期間がかかるのか、不思議に思う人もいるでしょう。公認会計士では3つの工程を得て、初めて公認会計士として登録されるからです。まず1つ目の工程は、筆記試験です。短答式と呼ばれるマークシートの筆記試験を受験します。マークシートで選ぶだけなら、簡単そうなんて思ってはいけません

ペーパーテストを始める

一次試験に合格後・公認会計士の実務補助業務について

公認会計士の試験では、ペーパーテストのみで合格できるわけではありません。一次試験に合格した後、実務経験(実務補助)が2年以上必要となります。しかし、2年以上の実務経験と言われても、よく分かりませんよね。なので、公認会計士になるために必要な実務経験について紹介したいと思います。まず注目したいのは、実務経験とはかなりアバウトだという点です。例えば、実務経験の時期はとくに決められていませ