閉じる
    閉じる
    閉じる
    1. 抗精神病薬ってどんな時に使われるものなのですか?副作用はありますか?抗…
    2. もともと口渇気味です。抗精神病薬を飲むと口の渇きがひどくなると聞いたの…
    閉じる

    抗精神病薬を薬の個人輸入サイトでの購入をお考えのあなたへ

    抗精神病薬というあまり一般的なモノではない医薬品を個人輸入サイトで購入するということに不安を感じているという人の為の情報サイトとなっております。

    飲酒をしている人が抗精神病薬を飲みたい場合について

    【相談】
    双極性障害と診断され、抗精神病薬を処方されました。飲むことで症状が改善できるということで今後回復を期待したいところですが、毎晩お酒を飲む習慣があり、抗精神病薬との相性が悪いと聞きました。しかしお酒はストレス解消にもなるので、どうしてもやめたくないです。

    飲酒をしている人が抗精神病薬を飲みたい場合について

    飲酒しながら抗精神病薬を使用しての治療は、諦めなければならないのでしょうか。

    薬個人輸入サイトとして有名ですので信用できます。
    医薬品や海外サプリの個人輸入の『TOP』
    ■URL:http://www.ntp-k.org/

    【アドバイス】
    ・お酒はどの薬でも一緒に飲んでしまうと悪影響が出ます。
    抗精神病薬はお酒と一緒に飲んでしまうと、間違いなく体に悪影響を及ぼします。抗精神病薬を飲むと肝臓で分解されるのですが、お酒もまた肝臓で分解されるのです。しかし抗精神病薬とお酒を一緒に飲んでしまうと、どちらもほぼ同時に肝臓で分解されないといけない状態になってしまい、肝臓での分解能力をオーバーしてしまいます。

    その結果、副作用としてのめまいやふらつきなどがひどくなってしまうのです。これは抗精神病薬だけでなく、どの薬であっても言えることです。

    ・抗精神病薬を使用して治療している時は飲酒をしないほうが回復が早いです。
    飲酒は適度であれば体にも心にもいい影響を与えますが、飲みすぎは当然ながら心身に悪影響を及ぼします。抗精神病薬で治療を行う統合失調症や双極性障害においていえることですが、これらの疾患があると自分にとって適量のお酒がわからない状態になってしまって常に飲酒量が過剰になってしまうおそれもあります。

    飲酒は抗精神病薬との相性がよくないのと同時に、症状を悪化させる原因の1つになってしまうのです。本来であれば抗精神病薬を使用した治療の最中は飲酒を控えるべきですし、その方が回復が確実に早くなります。

    ・どうしても飲酒をやめられない場合は。
    しかしながら長年飲酒をする習慣があったりして、いきなり全く飲まない状態になるとかえって精神的に不安定になったりしてよくありません。もし抗精神病薬を処方されて飲酒をする習慣があるのならば、一度医師に尋ねて飲酒をやめられない状態になっている旨を伝えてください。

    場合によっては統合失調症や双極性障害だけでなく、アルコール依存症も併発している可能性があるのです。その場合はアルコール依存症の治療を同時に行う必要があり、医師が薬の種類や飲み方を変えたりすることがあります。また抗精神病薬はそのまま処方して、とりあえず飲酒を中断するのではなくまずは薬と同時に飲まないようにするところから始め、だんだん量を減らしたりして最終的には飲まないようにするという指導を受けることもあるので、その場合もきちんと医師の指導に従うようにしてください。

    なので抗精神病薬を処方されたらすぐに飲酒をやめなければいけないとか、逆に抗精神病薬を使っての治療を最初から諦める必要はないのです。

    ピックアップ記事

    1. 抗精神病薬は、精神安定薬の1つです。別名、協力精神安定薬と呼ばれるもので、抗精神病薬に分類されるもの…
    2. 一昔前までは、口渇はお年寄りがなりやすいものというイメージが強かったものですが、最近では若い人にも増…
    ページ上部へ戻る